百十余年に渡り元祖の味を守る
 一子相伝の味


 博多の味として代表的な水炊きは、水月の初代・林田平三郎が英領・香港にて洋食と中華料理にヒントを得て考案し、旧須崎町に開業したのが始まりでございます。 明治38年創業以来変わらぬ「水炊き」の味はきっと皆様にご満足いただけると存じます。

本 店
1階 掘炬燵席
1階 オープン座敷5席
2階 宴会場・大広間

本店ご案内
住 所 福岡市中央区平尾3丁目16-14
電話番号

092−531−0031

定休日 平日の月曜日(原則)・年末・年始・お盆
営業時間 17:00〜22:00(20:30 LO)
ご予約 ご予約は20:00まで承っております。
お 席 1階、小上がり(30名様)〈一部こたつ有り〉
〈ご予約は、当日でも空きがあればお取りできます。〉
2階、個室1室(3〜6名様)〈完全予約制・当日予約不可〉
2階、大広間1室(16〜40名様)〈完全予約制・当日予約不可〉
駐車場 3台分ございます。
満車の時は近くのパーキングをご案内いたします。
 ※尚、お車でご来店の時は必ずハンドルキーパーをお願い申し上げます。



 水月三代目
 一子相伝の味とは

 「なぜ博多水月さんは支店が無いの」とよくお客様よりお尋ねがあります。 それは初代の一言、「水たきは繊細な味の伝承がないと、本物の元祖博多水たきをお客様にお出しできない。」ということです。
 そこで、初代、二代目、三代目と、「一子相伝」で水月独自の調理技法を引き継いできております。 故に、店舗を増やして店を大きくする事より発祥の店として暖簾と味を守り、永く営業を続けることが大切だと教えられております。 その後、二代目からは、「郷土料理はその土地に行って、そこの気候、風土を感じて味わうもの」とも教わりました。
 全国のお客様には、九州博多の地で「元祖・水たき」を味わっていただきたいと思っておりますが、なかなか博多まではお越しいただくことも叶いません。 そこで二代目女将のアイデアにより全国のご家庭で簡単に水月本店の”博多水炊き”をご賞味いただけますようにお取り寄せ(調理不要)も承っております。